スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏の息子、ロナルド・ウィンストン氏

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏を継いでHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏の息子、ロナルド・ウィンストンがHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)社代表取締役に就任します。 ロナルド・ウィンストン氏は時代に合ったビジネスを広げ、クオリティの高い1カラットの指輪を作ることで、若い世代の獲得に成功します。

ロナルド・ウィンストン氏は自宅に日本庭園や茶室を設けるほど日本の伝統文化を愛する親日家として知られています。 そんなロナルド・ウィンストン氏が1988年にホテル西洋銀座に日本初のサロンをオープンします。 同年、時計部門を新設し、1989年、腕時計シリーズ「アルティメイト・タイム ピース」をスタートします。 ロナルド・ウィンストン氏はハーバード大学出身の科学者で、航空宇宙工学でアメリカ・ロケット協会賞を受けています。 ロナルド・ウィンストン氏はその研究結果を時計のデザインにも生かしたと言われています。 1994年、貴金属ロジウムを使った腕時計「ガラテ」を製作、1997年9月20日、スミソニアン博物館にHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)ギャラリーがオープンします。 1998年、大阪にサロンをオープンし、2000年9月25日には、2000年の記念事業として銀座中央通りに面した読広ビルの1階、2階にショップ展開しました。

その後、2004年、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)社はアバー・ダイヤモンド・コーポレーションに買収されました。アバー・ダイヤモンド・コーポレーションはティファニー社に年間最低5千万米ドルのダイヤモンドを販売しているカナダ最大級のダイヤモンドを扱った会社です。 2006年2月、表参道ヒルズ本館1階にHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)表参道ヒルズ店がオープンしました。 HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)表参道ヒルズ店は、銀座や大阪のHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)との差別化のために、ブロンズを基調としたファサードや、ブラウン系の色をベースにした現代風のインテリアなどを採用しました。 店内のデザインは、「自由の女神」の修復を監修したフランス人建築家、ティエリー・デスポン氏が担当し、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)表参道ヒルズ店のオープンを記念して、新作ジュエリー「マーキッサ・コレクション」を発表しました。


ジュエリーブランドにヤられた!!高級感を与えるジュエリーデザインのTOPへ
sponsored links
サイト内検索
分からないことはどんどん調べましょう♪

カスタム検索
カテゴリ
最新記事
sponsored links
ランキング参加中!!
1日1回限定、応援クリック♪ 「ジュエリーブランドにヤられた」のランキングへ

  • seo

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。