スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュエリーブランド「HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)」

ジュエリーブランド「HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)」は、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏が1932年に創立したアメリカのジュエリーブランドです。 高額の宝石を売買、リメイクするだけでなく、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏自らのデザインによる宝飾品の制作を本格的にスタートします。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏にとって、またHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)ブランドにとって、ダイヤモンドこそが至極永遠のテーマとなっています。 愛用している著名人は、エリザベス女王、ファラ・ディーバ皇后、故ウィンザー公爵夫人、故ダイアナ妃、エリザベス・テイラー、ソフィア・ローレン、マドンナ、ジョディ・フォスター、ニコール・キッドマン等で、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)は世界のセレブやハリウッドスターを虜にしています。 HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は、アカデミー賞で人々を魅了し興奮させる新たな要素が必要だと考えました。 そこで、1943年、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は、最優秀主演女優としてオスカーを受賞したジェニファー・ジョーンズにダイヤモンドジュエリーを貸し与えました。その瞬間、ありふれた業界イベントが、世界中の人々が注目する華麗なショーに変貌したのです。続いて1947年に、キャサリン・ヘップバーンが、ナポレオンⅠ世が所有したことでも知られるインクイジション・ネックレスを胸元に輝かせました。そして、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)のジュエリーを身に着けるとオスカーを手に入れることができると言われるほどになったのです。 昔も今も、世界中の有名人に愛され続けるHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)のジュエリーは、毎年のように最も権威のあるイベントを華やかに彩っています。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は美しくデザインされた貴金属よりも、宝石そのものがデザインを形作るということに着目しました。これにより、女性の首筋や手首を包み込む立体的なフォルムを考え出し、軽くて柔軟性に優れたプラチナワイヤーセッティングを生み出しました。 HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)では、宝石鑑定士やデザイナーや職人ではなく、常に宝石が主人公です。世界有数のジュエリーを作り出すためにあらゆる分野のスペシャリストが集まろうが、歴史的なコラボレーションがあろうが、全ての始まりはいつも何の飾り気も無い研磨前の原石であったそうです。 それ故に、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)が生み出すジュエリーは、全てが希少で、独創的で、時代を超越したものばかりです。 HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)が所有している宝石には、どれも、その歴史、発見、カッティング、由来などにまつわる興味深い物語があります。そして、これらの物語は、宝石自体の輝きに匹敵するほどの鮮烈な輝きを持っています。 “宝石がジュエリーのデザインを決定する”というのがHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)の信条になっています。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)は石が大きく綺麗なのが有名で、その優れた品質が特徴です。 小さな石を集めたデザインよりも1つの大きな石の魅力を存分に見せるデザインと作りを選ぶことに、このブランドでジュエリーを購入する意義があると言えるでしょう。 HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)は宝石そのものの価値を追求した結果、大粒で極上の宝石を最大限に活かす工夫をし、宝石と宝石を細いプラチナのワイヤーでつないだ「ウィンストン・スタイル」というHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)のジュエリーの典型的なデザインを生み出しました。 このセッティング法を通じて、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は宝石を留める金属部分を極力見せず、まるで宝石だけが散りばめられているかのように見える画期的なネックレスを生み出しました。 HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏が「ウィンストン・スタイル」を思いついたのは、とある年のクリスマスに扉に飾られた柊のクリスマスリースにヒントを得たことがきっかけだと言われています。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)の店舗に行くと、ドアマンのエスコートにより店内へ入ります。店内へ入るとまず、レセプションで受付を済ませることがルールです。レセプショニストに、探しているものや見たいものをリクエストすると担当者が店内を案内するシステムになっています。「究極の宝石店」といわれるだけあり、本当に良い品質の宝石を探しているという方は是非、訪問してみるべきジュエリーブランドと言えます。


HARRY WINSTON
(http://www.diamondsnews.com/harry_winston.htmより引用)

ジュエリーブランドにヤられた!!高級感を与えるジュエリーデザインのTOPへ
sponsored links
サイト内検索
分からないことはどんどん調べましょう♪

カスタム検索
カテゴリ
最新記事
sponsored links
ランキング参加中!!
1日1回限定、応援クリック♪ 「ジュエリーブランドにヤられた」のランキングへ

  • seo

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。