スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュエリーブランド「HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)」のデザイナー、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏 part.1

ジュエリーブランドHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)のデザイナー、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は1896年にニューヨークで生まれました。父、ヤコブ・ウィンストンは宝石商でした。 12歳のとき、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は質屋で1個25セントで売られていた緑色の石を2カラットのエメラルドだと見抜き、それを買って、宝石商である父のところへ持ち帰ったところ、2日後に800ドルで売れたというエピソードがあります。幼少の頃から宝石への眼力が鋭く、当時から天才的な才能を発揮したようです。こうして、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれるようになります。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は15歳でロサンゼルスに引っ越し、そこで店を開いた父親の宝石商で仕事を始めました。 そして、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は1920年に、24歳でプレミア・ダイヤモンド社をニューヨーク五番街535番地に設立しました。 第一次世界大戦後、生活が苦しくなったヨーロッパ貴族がたくさんの宝石類を換金のために市場に売り出しました。これらを当時の新興富裕層のステイタスシンボルとなるシンプルなデザインのジュエリーにリメイクして、売り込みました。1925年にはアメリカの大富豪ストダート夫人の遺産コレクションを落札した後、そのコレクションを125万ドルという当時として破格の値段で売却することに成功します。ここでの収入を元に、1932年、現在のHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)を立ち上げます。それ以来、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏が手がけてきた大粒のダイヤモンドの数は、宝石業界でもトップクラスと言われています。


ジュエリーブランドにヤられた!!高級感を与えるジュエリーデザインのTOPへ

コメント

Secret

sponsored links
サイト内検索
分からないことはどんどん調べましょう♪

カスタム検索
カテゴリ
最新記事
sponsored links
ランキング参加中!!
1日1回限定、応援クリック♪ 「ジュエリーブランドにヤられた」のランキングへ

  • seo

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。