スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)のお話「ヨンカー」

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は歴史上有名なダイヤモンドを数多く手に入れ、多くの人と共有しようとしてきました。その一つがヨンカーです。 ヨンカーは1934年1月17日、ヤコブ・ヨンカー氏が所有する南アフリカのプレトリアの南40キロの農場で発見されました。 ヤコブ・ヨンカー氏が掘り当てた原石は長方形で63.5×31.75mm、726カラットの大きさがありました。 726カラットのヨンカーは、史上7番目の大きさを誇る巨大なダイヤモンドでした。 ヨンカーは当時、カリナンに次ぐ巨大原石でした。 翌年1935年、ヨンカーの購入希望者がたくさんいましたが、優秀なブローカーを立てたHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏がロンドンにて購入しました。 この事が、これ以後HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)社が大きなダイヤモンドを買い続けることができるきっかけになったとも言われています。 ヨンカーをアメリカに安全に輸送する手段が議論される中、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏はわずか64セントの普通書留で輸送しました。これには誰もが驚かされたことでしょう。

ヨンカーは、アメリカでクリービングされた最初のダイヤモンド原石となりました。 14ヶ月の研究期間をかけて1936年7月に12個にカットされました。 その中で最大のものは66面のファセットのエメラルドカットで、当初142.90カラットだったものを1937年に125.35カラットにリカットします。

ヨンカーに対して、多大な愛着を感じていたHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は、長年にわたりその売却を拒み続け、重要なチャリティー展示会のみに貸し出していたそうです。 1951年、遂にヨンカーを手放す決意を固めた彼は、当時のエジプトの国王、ファルーク王に売却しました。


ジュエリーブランドにヤられた!!高級感を与えるジュエリーデザインのTOPへ

コメント

Secret

sponsored links
サイト内検索
分からないことはどんどん調べましょう♪

カスタム検索
カテゴリ
最新記事
sponsored links
ランキング参加中!!
1日1回限定、応援クリック♪ 「ジュエリーブランドにヤられた」のランキングへ

  • seo

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。