スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュエリーブランド「HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)」のデザイナー、HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏 part.2

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏の言葉: "If I could, I would attach the diamonds directly onto a woman's skin." 「もし可能であれば、私は女性の肌に直接ダイヤモンドをつけてみたい。」

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は壮麗な宝石を慈しみ、そのような宝石で身を飾った女性に情熱を燃やしました。HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は美しくデザインされた貴金属よりも、宝石自体がデザインを形作るということに着目しました。このアプローチにより、女性の首筋や手首を包み込む立体的なフォルムを作り出し、軽くて柔軟性に優れたプラチナワイヤーセッティングを生み出したのです。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏の美意識は、目に見えないセッティングに配された宝石に比類なき輝きを与えました。 HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は、自然や草花の有機的フォルムにも、大きな関心を抱いていました。そして、クリスマスリースからヒントを得て、精巧にカットされた複数のダイヤモンドをリースの葉のように立体的に一塊に集めた斬新なデザインを思いついたのです。このようなジュエリーデザインを着想できる能力は、ジュエリー業界に衝撃をもたらしました。HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は、それぞれの宝石の魅力を最大限に生かし、その美しさと輝きを高めることができました。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏の言葉: 「私は、人々に貴重な宝石のことをもっとよく知って欲しい。それは、上質のダイヤモンドやルビーやエメラルドが代々受け継がれる大切な宝物になることを彼らが忘れているからだ。」


ジュエリーブランドにヤられた!!高級感を与えるジュエリーデザインのTOPへ

コメント

Secret

sponsored links
サイト内検索
分からないことはどんどん調べましょう♪

カスタム検索
カテゴリ
最新記事
sponsored links
ランキング参加中!!
1日1回限定、応援クリック♪ 「ジュエリーブランドにヤられた」のランキングへ

  • seo

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。