スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)のお話「テイラー・バートン」

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)氏は歴史上有名なダイヤモンドを数多く手に入れ、多くの人と共有しようとしてきました。今回はテイラー・バートンのお話です。 テイラー・バートンはイギリス映画を代表するリチャード・バートンが銀幕のスターであったエリザベス・テイラーの40回目の誕生日に贈った、超有名なダイヤモンドです。 両者の名前を取ってこの名称で呼ばれています。 テイラー・バートンはペアシェイプ型にカットされた、大きさ69.42カラット(13.9g)のダイヤモンドで、研磨した当時の品質は最高のDグレード(透明)でした。

テーラー・バートンの原石は1966年に南アフリカのプレミア鉱山で発見されました。原石の大きさは240.75カラット(48.15g)でした。テイラー・バートンの原石を購入したのはハリー・ウィンストン氏でした。 テイラー・バートンの原石がニューヨークに到着した後、ハリー・ウィンストン氏とクリーブ職人のパスター・コロン・ジュニア氏は、テイラー・バートンの原石を6ヵ月にわたり研究し、マーキングをしてから削り、クリーブする箇所を特定するため、何度も製図を描き直したと言います。 そして、クリーブする当日、クリーブした後に、クリーブ職人のパスター・コロン・ジュニア氏は一言もしゃべらず、作業台の上にある割れたダイヤモンドに手を伸ばすと、角縁めがねの奥からほんの一瞬ダイヤを見つめてこう叫んだそうです。 「何と美しい!」

テーラー・バートンは1967年に裕福で社交界の名士であったポール・アネンパーグ・エイムス夫人に買い取られます。 そして、1969年にニューヨークのオークションに出品されたテイラー・バートンは、最終的にカルティエが105万ドルで落札します。 しかし、落札をめぐって激しく争ったリチャード・バートンはテイラー・バートンを得るためにその後もカルティエと交渉を行い、遂に翌日、リチャード・バートンが妻エリザベス・テイラーのために購入し、メディアの注目を集めました。 この時から正式にテイラー・バートンという名が付いたようです。 1978年、リチャード・バートンとエリザベス・テーラーは離婚し、テイラー・バートンはエリザベス・テーラーによって再びオークションにかけられ、約50万ドルで落札されました。 現在はサウジアラビアの大富豪が保有しているとの事です。 テイラー・バートンはエリザベス・テイラーが保有している間に欠けてしまい、現在の品質は最高グレードではなくなっています。


テイラー・バートンの画像
テイラー・バートン
ジュエリーブランドにヤられた!!高級感を与えるジュエリーデザインのTOPへ
スポンサーサイト

ジュエリーの歴史

ジュエリーの歴史は実はびっくりするくらい長いです。 なんと、キリストが生まれる以前からジュエリーはあったとされています。ジュエリーの歴史を見てみると、ジュエリーは古代のボディペイテングと呼ばれる、肌に塗料を塗ったり、入れ墨を入れたりするようなものから進化したというお話もあります。 ジュエリーは、太古からお守りとして石を身に付ける習慣がありました。ジュエリーは古代の歴史を紐解く発掘でも、必ずと言っていいほど出土しています。 ジュエリーが放つ綺麗な宝石の光は神秘的に祭られていたという歴史があります。古代メソポタミアなどの古代文明でもジュエリーの存在は確認されています。

ジュエリーの歴史は、西欧では実際には長いのですが、わかっているのは中世ぐらいからで、これらのジュエリーについては、ルーブル、メトロポリタン、大英などの博物館などで見ることができます。 日本でも、展示会や博物館巡りをすればアンティークジュエリーは見られます。 私たちが実際に手にすることができるジュエリーは、古くても200年前のものでほとんどは100年程度のものが多いようです。 これらのジュエリーは貴族から上中流の人へと移ってきた時代のジュエリーにあたります。

ヨーロッパの歴史で、ジュエリーに金が使われだしたのは、2世紀頃だと言われています。でも、古代の南米ではもっと古くからジュエリーに金を使っていたようです。とても長い歴史がありますね。 紀元前1200年頃、中央アンデス地帯では、インカ、ティオテイワカン、チムー等々、数多くの文明が金を使ったジュエリーを残しています。 古代南米のジュエリーは純粋に着飾る目的のジュエリーではなく、宗教や政治目的に使われた物が大半を占めています。 この古代のジュエリーを見るには、コロンビアのボゴタにある黄金博物館を訪ねれば、豪勢な金のジュエリーを見ることが出来ます。 日本の歴史では、縄文時代のジュエリーが発掘されていますが、金を使ったジュエリーではなく、粘土を使ったイヤリングや勾玉が代表的なジュエリーでした。 ジュエリー年代別の細かい歴史については、また今度の機会に。

ボゴタの黄金博物館
ボゴタの黄金博物館
(http://www48.tok2.com/home/sawakon/1-12America2/colombia2.htmより引用)

ジュエリーブランドにヤられた!!高級感を与えるジュエリーデザインのTOPへ
sponsored links
サイト内検索
分からないことはどんどん調べましょう♪

カスタム検索
カテゴリ
最新記事
sponsored links
ランキング参加中!!
1日1回限定、応援クリック♪ 「ジュエリーブランドにヤられた」のランキングへ

  • seo

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。